ホワイトデーの記事一覧

ホワイトデー

ホワイトデー特集
3月14日は、バレンタインデーの
アンサーデー
バレンタインデーでチョコレートの贈物を受けた男性が“ お返し ”の意味を込め、
お返しとしてキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレート等のプレゼントを女性へ贈る日。

 

ホワイトデーの習慣は、
日本でバレンタインデーが定着するに従って、
お菓子業界で、本格的に、
1980年(昭和55年)からホワイトデーをスタートし、
3月14日になった理由は・・・・・、

” バレンタインデー ”
3世紀のローマ皇帝クラウディウスが出した、
恋愛による結婚禁止令に違反した男女を救うため、
2月14日に殉死した聖バレンタインを記念して設けられたものです。

その1ヶ月後の3月14日、
その2人が改めて永遠の愛を誓い合ったと言われていることに由来しています。

ホワイトデー、名前の由来

欧米の習慣にならい” ポピーデー ・ フラワーデー ・ クッキーデー ”など、
最初の頃は、いろいろなネーミングがあったそうです。

白(ホワイト)には” 幸福を呼ぶ ・ 縁起が良い ・ 純潔のシンボル ”から
” ホワイトデー ”になりました。

ホワイトデーお返しについて

” キャンディー ・ クッキー ・ マシュマロ ”が
王道(おうどう)または無難(ぶなん)ではないでしょうか。

でも、実はこれらにはそれぞれ意味があるって知ってましたか?

candyキャンディ =” あなたが好きです ”
まさしく、逆告白の意味のスイーツ
バレンタインに、本命チョコを貰っていたのなら、
ホワイトデーのお返しには、キャンディを!

 

 

 

クッキークッキー =” あなたは友達 ”
「このままの関係でいましょう」 ・ 「友達のままでいよう」
学校の友達や職場の仲間たちからの、
義理チョコだと分かっている場合の、お返しとしても、
ぴったりのスイーツ!

 

マシュマロマシュマロ=「あなたが嫌い」
「ごめんなさい、お付き合いできません」
「あなたの事が、嫌いです」
ホワイトデーという習慣が始まった初めの頃は、
男性からの純愛を表す「白」という事で、
本命の意味とされていたのが、
溶けてなくなるからよくない意味になり、
今では意味が逆転してしまったみたいです。

ホワイトデー