小林市(宮崎県)は、2015年3月1日から1ケ月間、
羽田空港内に「小林市ふるさと納税」をPRする大型ポスター4枚を、
京急線やモノレールの利用者などが目にする、
羽田空港第2旅客ターミナル地下中央ロビーに掲示しています。

職員手づくりのポスター
ポスターのキャッチコピーは“宝もののあるまち。
”農家やチョウザメ養殖業者などに扮した職員ら29人が、
市営牧場に並んで笑顔を見せるデザインとなりました。

ふるさと納税(宮崎県小林市)

ふるさと納税(宮崎県小林市)

中心に立つ肥後 正弘市長が扮するのは、花屋さん。
特産でもある「バラ」を持ち、
小林市から全国の人へ、
愛の告白をするイメージだそうです。

モデルだけでなく、企画から撮影、
キャッチコピー、デザインまで市職員が自前だそうです。

今年(2015年)1月にふるさと納税の申込総額が1億円を突破

全国の和牛オリンピックで2連覇を果たした” 宮崎牛 “、
宮崎県の特産である ” みやざき地頭鶏 “、
高級果実の” 完熟マンゴーやメロン “などの多くの目玉商品
謝礼として贈る品々は、
職員のやる気とアイデアで準備しています。

ふるさと納税とは?

自治体への寄附金のことです。
個人が2,000円を超える寄附を行ったときに、
住民税のおよそ1割程度が所得税から還付、
住民税から控除される制度です。
※控除には確定申告が必要です。

ふるさと納税の5つの特徴

特産品がもらえる!
生まれ故郷でなくてOK!
税金が控除される!
使い道を指定できる!
複数の自治体から選べる!

まとめ

地方間格差や過疎などによる税収の減少に悩む自治体に対しての
格差是正を推進するための新構想として、
2008年、前安倍政権のときに創設された制度です。
正確には「ふるさと寄附金」と言います。

地方自治体による、
楽天市場・Amazon(アマゾン)・・と同じ様な、
ネットショッピングみたいに思います。

○ふるさと納税をして、特産品をもらう。
○地方自治体は、公共事業の予算に使用できる。
○地方の食材・物品・観光・・(まだまだあります)が、
動くことにより、
生産者・町・物流(他いろいろ)、に還元される。

今回は、” 宮崎県小林市のふるさと納税 ”を、
取り上げましたが、
日本全国の自治体・生産者が、
タッグを組んで、” 町おこし ”に取り組まれています。

小林市ふるさと納税はこちら↓↓
小林市ふるさと納税

ふるさと納税ポータルサイト ふるさとチョイス はこちら↓↓
TOP > 寄附する地域を選ぶ > 宮崎県 > 小林市
ふるさと納税ポータルサイト 宮崎県 小林市