清涼飲料の” コーラ ”の名前の由来は?

コーラ(Cola)は、
約125種からなる
アフリカの熱帯雨林に植生する、
アオイ科・コラノキ属の植物の総称である。
約20メートルほどに育つ常緑樹。
種子は、
” コーラ・ナッツ ”と呼ばれています、
クリの実ほどの大きさで白色から赤色。

コーラナッツは、ピーナッツやアーモンドに、似ていますが、
カフェインやテオブロミンなどを多く含んでいます。
カフェインの量は、2~2.5%で、コーヒー豆の倍。
古くから、興奮剤として用いていました。

cola nuts

cola nuts

カフェイン(caffeine)は、
コーヒー、コーラ、緑茶、紅茶、ウーロン茶、
ココア、チョコレート、栄養ドリンクなどに含まれる。
中枢神経を興奮させることによる覚醒作用及び強心作用、
脂肪酸増加作用による呼吸量と熱発生作用による皮下脂肪燃焼効果、
脳細動脈収縮作用、利尿作用などがある。
医薬品にも使われ、眠気、倦怠感に効果があるが、
副作用として不眠、めまいがあらわれることもある。

テオブロミン (theobromine) は、チョコレートやココアの苦味成分である。

コーラ飲料はいつ頃から?

19世紀末、コーラナッツを原料にした飲料が、
薬用の目的で作られた。
消化を良くする働きがあったので、
胃腸薬のように飲まれていたそうです。

コーラナッツは含まれていない

現在ではコーラナッツは含まれていないのが普通であり、
香味料の主成分は、
砂糖やシトラスオイル(オレンジ、ライム、レモン等の皮から)、
シナモン、バニラ、その他酸性のものとなっている。

しかし、銘柄によってはいまだにコーラナッツが使われている。

コーラナッツのチョコレート

ショカコーラ ビター 100g

 

ショカコーラ ミルク 100g

集中したい時に!ドイツのチョコ『ショカコーラ』はいかが↓↓
集中したい時に!ドイツのチョコ『ショカコーラ』はいかが

コカ・コーラ CM集

コカ・コーラ / Coca-Cola

初めて観るCM~最近のCM迄。
20本CM集です、ごゆっくりご観覧どうぞ